紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

えぞ織(えぞおり)

  • 織
  • 絹
えぞ織
産地
北海道札幌市
特徴

北海道札幌市在住の佐藤房子さんが自ら考案した織物で、北海道特産のハスカップやラベンダーなどを染料にして糸染めし、歴史あるアイヌの流れを汲む手織紬のエムルユーカラ織やアッシ(厚子)織の知識を取り入れた手織物です。織上がりは、とても柔らかく、軽くて心地良い着心地を楽しめます。

染料としているラベンダーは、寒冷地の北海道で初夏に薄紫色の花をつけるハーブの一種です。

花は芳香を放ち、鎮静、安眠効果があると言われています。それは北の真珠と呼ばれるハスカップとはアイヌ語でそう呼ばれています。北海道千歳付近で採れる果実です。

実を搾ると濃い紫色の汁が出て、これは心臓病にきくと言われます。それらの洗液を抽出して紫の濃淡の糸を織り込んだ紬地は優しい色目と風合い、生地から放たれるほのかな香りが魅力的な織物です。

用途
着尺地、帯地
変遷

関係地の北海道には、アイヌ文化の流れを汲み、気候風土を生かした、北海道特産の羊毛と絹、亜麻を用いて織りあげたエムルユーカラ織やオヒョウという楡科の樹皮で織られたアッシ(厚子)織のほかには、織物としては伝わっていません。人々の常用着は、ほとんどが(一布になっていた織物を裂いて糸状にして織った織物)や毛皮、魚皮、樹皮などでありました。そうした中、本格的な織物が無かった北海道で、北海道の人が地元の植物を使い、その土地特有の新しい織物を制作、北海道の新しい織物として注目されています。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP