紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

白鷹板締絣(しらたか いたじめかすり)

  • 絣
  • 絹
板締染め
板締染め
産地
山形県西置賜郡白鷹町
(県指定無形文化財)
特徴

白鷹絣の文様は、締精緻な板締染めによって織り出される小絣模様の織物で、全国的な名品として高く評価されています。

小絣製造は絣板(かすりいた)の製作、板締めによる染色、高機による織出しの工程からなっています。

絣ならではの繊細な文様が特色で、蚊絣や十文字、亀甲など通常の染色技術では難しい細やかな文様に仕上がります。また「白たかお召」の場合は、織った後にお湯に浸すことで、独特の鬼しぼの独特の風合いが生まれます。

用途
着尺地
変遷

白鷹板締絣は、南の沖から始まって薩摩から越後(新潟)を経由して東北の白鷹地方まで伝わった精緻な板締染めによって織り出される絣模様の織物です。

絣製造は絣板(かすりいた)の製作、板締めによる染色、高機による織出しの工程があります。

絣模様の元となる絣板の製作者(板大工 ばんだいく)が一時期いなくなるなどの危機もありましたが、昭和41年に伝統の絣板製造が復活し、その後、新たな溝掘りの技術が確立されるなど、優れた絣板の製造が続けられています。

白鷹絣は高度で特色ある製織技術によって生産される芸術的価値の高い織物であり、その製法は織物技術史の上でも重要な位置を占めています。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP