紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

長井紬(ながいつむぎ)

  • 紬
  • 絹
長井紬
産地
山形県長井市、米沢市、西置賜郡
特徴

よこ糸に生糸、たて糸に紬糸または玉糸を使用した平織りの横絣で銘仙よりも一格上とされています。色調は素朴で味わいのある紺や鼠、茶などが多く、古典的で大き目の柄が特徴です。

品質や柄が琉球産の絣紬に似ているため「米琉(米沢琉球紬の略称)」とも称される。

用途
着尺地、羽尺地
変遷

古くから織物のさかんな土地だったが、養蚕の輸入とともに、それまでの苧麻に変わり紬を織るようになった。 飛躍的な発達を遂げたのは上杉鷹山公(1751~1822)の頃で、上杉公は、下級武士の家内職として織物を奨励するとともに、京都、小千谷から織の技術者を、仙台から藍作師を招いて長井紬の改良に力をそそぎ、また、江戸、京都、大阪までの販路を確立した。 当時は「置賜紬」と称された。

琉球調の米琉がさかんに織られるようになったのは、江戸末期である。「米琉」の名は、その販売上、商人が明治八年頃につけたものといわれるが、定かではない。明治に入ってから「長井紬」と名称を変更した。 明治から大正にかけて好評を博した大島紬の影響をうけ、一時、鳶茶色系の大島調小絣が主流になったが、現在では、紺絣や白絣など多様化している。

染色法・経緯糸とも板締絣加工をし、植物染料のカッチやログウッドで浸染する。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP