紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

越後ぐんぼう(えちごぐんぼう)

  • 織
  • 絹
  • 木綿
  • 麻
no image
産地
新潟県
特徴

グンボウとは「混紡」が訛った言葉で、二種類以上の素材を交織した布のことをいいます。

越後上布が経糸・緯糸ともに苧麻(ちょま)を用いているのに対し、グンボウは経糸には木綿、緯糸には苧麻や芭蕉あるいは絹、和紙などが用いられている。すなわち「異なる純粋の糸」による「交織」のことを言います。図柄は、縞や格子が主体であるが、白生地なども織られています。

とくに、木綿が着心地がよく扱いやすいことから、昔から庶民の日常着として自家用として織られてきました。

用途
着尺地、帯地
変遷

越後(新潟)では、寒冷地であるため木綿は栽培には適さず大変貴重なもので、簡単に手に入るモノではありませんでした。ただ、麻の栽培は盛んで、それらによる平織の麻織物は古くから織られてきました。それらは盛夏用の高級着尺地で、柄は絣や縞が主体の織物でした。

苧(ちょま)は、麻の茎の皮をはぎ繊維だけにして乾かして青苧(あおそ)にし、これをさらに爪で裂き口に含みながら撚り紡いで糸にして、染色し、居座り機で織られました。

麻は乾くと切れやすいので、豪雪地の湿度は好都合で、また冬の屋内仕事として農民は技をみがいたそうです。また、経糸には木綿、緯糸には苧麻や芭蕉あるいは絹、和紙などが用いられました。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP