紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

上田紬(うえだつむぎ)

  • 紬
  • 絹
上田紬

小岩井紬工房
産地
長野県上田市
特徴

上田紬は信州紬とも呼ばれ、伝統的工芸品に指定されています。生産する地域によって、「松本紬」、「上田紬」、「山繭紬」、「飯田紬」、「伊那紬」などとも呼ばれていますが、これらを総称して信州紬と呼ばれることもあります。

信州は原材料の種類が豊富で、自生する植物を使った草木染めを活用しています。図柄の特徴は縞、格子、又はそれらの混成、無地調子など多様な模様を用いた織物です。

上田紬は洗練された美しさではなく、その土地柄が育んだ織への工夫が感じられる素朴な味わいのある織物です。

また、他の産地にはない「山繭(やままゆ)」を使用した萌黄色の独特の光沢を放つ天蚕糸を使用するもあります。天蚕糸は、通常の絹糸に比べて軽くて柔らかいのが特徴です。それは糸の中が空洞になっていて空気が入っているために保温性が高いのです。

用途
着尺地、帯地
変遷

上田紬の起源は明らかではありませんが、三百年ほど前から信濃(長野県)で織られてきた絹織物です。

江戸時代の文化年間(1804~1818)から天保年間(1830~1844)にかけて最盛期を迎え、京都、大阪にまでその販路を広げ、上田から上方へ「紬飛脚」が仕立てられるほどの隆盛ぶりだったと言われています。また、当時の上田紬は藍染系の縞柄で、碁盤縞(格子縞)が主体だったようです。

江戸時代より養蚕が盛んにおこなわれていた上田には真綿の原料になる繭が豊富で、質の良い真綿と紬糸が採れ、糸を二度打ちして織る上田紬は丈夫で質がよいとの評判でした。

明治以降は衰退を続けましたが、戦後、金井章次氏らの努力により復活し昭和30年~40年代には織元は60軒になりましたが、現在は、6工房が個性を生かした上田紬の継承に励んでいます。

小岩井紬工房

小岩井紬工房
小岩井紬工房

千曲川の流れる自然豊かな山々に囲まれたの長野県上田市塩尻地区にある、蚕室造りの家々の並ぶ旧北国街道沿いに立つ織元「小岩井紬工房」。小岩井カリナさんは、32歳から機織りに向かいはじめ、上田紬に取り組んでいるが、過去の伝統や様式に囚われず、機能性やデザイン性に創意工夫を積み上げ常に前を向いて歩んできた。

多くの工房が手織(てばた)から力織機(りきしょっき)へ移行していったが、小岩井紬工房は、「手織りに徹する」という信念をもって取り組んできた。

そのこだわりは「お召し」と呼ばれる紬に象徴されている。
お召し紬は緯糸(よこいと)に強撚糸と紬糸を交互に織り込んだ最高級品で、独自の風合いが特徴。 「織る力が均等でないと波打ってしまい、手織りでは非常に難しい。 手間暇がかかるので、他の産地では機械織りが当たり前。 工房でもお召しが織れる者は限られていますし、私自身も勉強中です」というほど鍛練を要する。

伝統を継ぐ人 小岩井カリナ

小岩井カリナ

【プロフィール】

・高校卒業後、大学へ進学し中国語を学ぶ

・1993~94年 北京外国語大学へ留学

・卒業後、劇団前進座付属養成所へ入所し演劇を学ぶ

・翌年、劇団前進座入座。東京国立劇場・京都南座などの都市公演、地方巡演

・2002年 北京・上海・揚州へ訪中公演2004年退座

・その後、アイルランドへ短期留学、日本文化の美しさ、素晴らしさを感じ、織元である実家「上田紬」の道へと進む

・2017年2月25日「信州紬」伝統工芸士認定



宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP