紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

郡上紬(ぐじょうつむぎ)

  • 紬
  • 絹
no image
産地
岐阜県郡上郡八幡町
特徴

岐阜県郡上市八幡(はちまん)町で織られる紬織物です。この名前は古くからあったものではなく、第二次世界大戦後つけられた比較的新しいものです。

昔、この里に落ちのびた平家の落武者たちが、野性の蚕糸を使い、都の感覚で織り始めたのが発祥といわれます。

風土の持つ素朴さに大宮人の優雅さを加えたこの織物も、江戸期に入ると急速に衰え、その後は農家の自家織として、細々とその技術が伝えられてきたに過ぎませんでした。

しかし、戦後、工芸家の宗弘カ三(むねひろりきぞう)(1914~1984年)が郡上紬として再興した織物です。柄ゆきは、昔からこの地方に伝わるふだん着(民衆の街着)の伝統を基本にしたものです。

縞、格子、横段、無地を中心に、いつまでも飽きのこないしっくりとした落ち着きのある着物です。

また、草木染を用い、丹念な色だしから生まれる独特な深みがあり温かさを感じさせ多くのファンがあります。

用途
着尺地
変遷

宗底カ三は、郡上郡八幡町の生まれで、寒冷地での農場開拓と農業振興に尽カするとともに、染織家を志し、1952年(昭和27年)に設立した郡上郷土芸術研究所(1958年から郡上工芸研究所に改称)で意欲的に製作される独自の境地を開いた人でした。

氏は、戦前は郡上町開拓活動のリーダーとして活躍、戦後も食べるものも少ない極貧の生活のなかで、最も紬や真綿に向くという、インドのアッサムやべンガル地方が原産のエリ蚕(エリサン)を飼育するため、飼料となるヒでと神樹(シンジュ)を植樹し、数年の歳月を経て品質改良をおこないました。

また、技術的にも農家の土蔵や屋根裏に放置されていた江戸時代の高機を手直しし、残されていた古い縞帳を参考に研究を続け、不屈の闘志で郡上紬をよみがえらせました。

なお、氏のおこなう「どぼんこ染」「初昔絣(はつねがすり)」「紬縞織(つむぎしまおり)」「絣織(かすりおり)」は高い評価をうけ、昭和57年に紬縞織・絣織で国の重要無形文化財(人間国宝)に認定されました。

技法

郡上紬の深味のある色合いは、独特の草木染めから生まれます。黄は刈安(かりやす)、黒は阿仙薬(あせんやく)(カテキュー)、 紺や青は、藍などこの地方に産する天然の植物を使い(藍は徳島産のものとミックス)、何回も何回も数を重ねて染めあげる手法がとられています。

このように徹底して染めに時間をかけ、コクのある、そして堅牢な色に仕上げていくのが、郡上紬の特徴です。中でも刈安と呼ばれる植物は、この地方の同名の場所に群生していたとされ、まったく異なった渋味のある黄色が得られ、郡上紬独特のものとなっています。

郡上紬の経糸には、節糸の玉繭が使用されています。郡上納では、この綾糸にかける撚りが重要なポイントとなります。また、緯糸には春繭からとった本真綿の手紡ぎ糸が使われます。

高機で織るのも、郡上紬の特徴です。昔ながらの繊細な感触を持つこの織機で、すべて手織りによって織られる紬は、織る人の性格がそのまま現れるといわれます。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP