紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

能登上布(のとじょうふ)

  • 織
  • 麻
能登上布
産地
石川県
特徴

石川県の能登、羽咋地方で織られる夏の麻の織物です。

新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布と共に日本を代表する上布です。別名を能登縮ともいいます。紺地または白地の絣が多いのが特徴としています。

能登上布は櫛押し捺染(くしおしなっせん)やロール捺染といわれる能登独特の絣染め技法による精緻な経緯絣(たてよこがすり)の製造を代表とする工芸技術が石川県指定無形文化財となっている麻の織物です。

麻糸を用いた手織りの織物で、さらりとした肌触りと清涼感と蝋引きをしたようなテカリ感は 沖縄の宮古上布にとても似ていると言われています。

絣の染織には、櫛押捺染(糸を括るかわりに櫛で糸を捺染する方法)、丸形捺染、板締め、型紙捺染などの方法が用いられています。

今では織り元は山崎氏の所だけになってしまい、大変貴重な上布となりました。

用途
着尺地、帯地
変遷

能登では古くから麻とのつながりが深く、崇神天皇の皇女がこの地に滞在した際に野生の真麻で糸を作り、地元の婦女子に機織りを教えたことが能登上布の起源であると言われています。

古くは、東大寺へ麻糸を納めたという記録も残っており、麻を扱う技術は遥か古(いにしえ)の時代から先人達により伝承されて来た織物です。

江戸時代の初め頃までは、この地で作られる良質の麻糸は近江上布の原糸として使用されていました。

後に、近江(滋賀県)より職工を招き、染織技術を学び織の技術が格段に向上し、文政元年に初めて「能登」の文字を冠した「能登縮(ちぢみ)」が誕生することとなりました。

その後もたゆまぬ技術向上の努力が続けられ、明治四十年には皇太子殿下への献上品に選ばれるまでになりました。「上布」は、麻織物の最高級品に贈られる称号です。能登上布は、能登の麻織物の長い歴史の中で先人たちの努力により培われた美の結晶といえます。

能登は、古くから質と量ともに日本屈指の上布の産地であり、昭和初期には麻織物では全国一の生産高を誇り、昭和35年には石川県の無形文化財に指定されました。

かつて昭和初期には織元は140軒以上ありましたが、織本の減少が続き、能登上布は今では山崎麻織物工房と能登上布会館の2軒で織られるだけとなってしまいました。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP