紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

時流紬(じりゅうつむぎ)

  • 紬
  • 絣
  • 織
時流紬
産地
京都府京都市
特徴

新鋭作家「黒田佐織」が作り出す手織物のこと。

氏が布を織るとき目指し願うのは、その布を纏う人に四季を運ぶということです。

様々な場所で感じ・捉えた季節のモチーフを取り入れ、型にはまらない織物を送り出す。

用途
着尺地、帯地
変遷

沖縄の大学、大学院で織物を学び、以来「布」に込めた思いを追い求めて手織物にまっしぐら。

制作ルーツは織物と出会った沖縄の古典模様や浮織、絣の技術を元に現代風の解釈で実践しています。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP