紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

琉球美絣(りゅうきゅうびがすり)

  • 絣
  • 木綿
  • 絹
  • 麻
琉球美絣
産地
沖縄県国頭郡本部町伊豆味(もとぶちょう いずみ)
特徴

絣模様は遊び心が過ぎるとそれは普段着にしかなりません。いかに模様に品格をもたせるかが大切なことです。

真栄城家は染めの要である琉球藍も自分で確保するため、琉球藍の産地、本部町伊豆味に居を構え、泥藍をつくり、糸を染め、絣を括り織っています。さらに、自分の作品に使うものはすべて自製しています。

美絣は美しさの源泉でもある琉球藍の青色と、絣のグラデーションが特色。

藍は、黒に近い深い藍も水色のような淡い藍も美しい。それが「美絣」の特徴です。

琉球美絣とは絣の織元、沖縄県の本部半島伊豆味にある真栄城家の絣織物のことを指します。

用途
着尺地、帯地
変遷

現在「琉球絣」といわれるものは、沖縄県内で産するすべての平織の絣をさします。

現在の当主、興茂(おきしげ)さんの父、興盛(おきもり)さんは沖縄で受け継がれてきた琉球絣とは一線を画す自身の絣織を「琉球美絣」と名づけました。

琉球藍の染色にこだわり、地色を白抜きする抜染や細かい柄を生み出す絣括りなど独自で考案した技法を取り入れた「真栄城の絣」が琉球美絣です。

興茂さんは沖縄の本土復帰後、粗悪な藍絣が出回り、「本物を伝えていくためには自分が作るしかない」と突き動かされ、沖縄県本部半島の伊豆味に工房を構えました。

そして、真栄城家が守り継いできた琉球藍へのこだわりはもちろん、藍の濃淡や植物染料との配色のアレンジに魅せられるようになりました。また、沖縄の伝統の絣柄をしっかり踏まえた上でそこから独自の感性で柄を創作しています。

技法

琉球美絣は、白い木綿糸をまず濃紺になるまで染める、いわゆる先染めをしている。染料は沖縄独特の琉球藍で、これを発酵させた【泥藍】を使っています。

染上げた糸は締機か手括りで絣を作り、脱色し手織で織り上げます。木綿は8回程度、絹は10回程度繰り返して脱色しますが、回数は柄によって異なります。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP