紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

読谷山花織(よみたんざんはなおり)

  • 織
  • 木綿
  • 絹
読谷山花織

読谷山花織
産地
沖縄県中頭郡読谷村
特徴

花織独特のデザインから、南方から渡って来たものと考えられていますが、時期は定かではありません。しかし朝鮮への贈り物や、ジャワから琉球王国への贈り物として記録が見られるとこらから、15世紀には生産されていたと推測されます。

当時は琉球王朝のための御用布として、読谷住民以外の一般の人々は着用できませんでした。沖縄には多種多様な染織品がありますが、中でも極めて異彩を放っているのが花織です。

花織とは、花柄を織り出した美しい織物という意味です。

花柄と言っても写実的な花模様ではなく、いわば浮織による可憐な点で表したもので、花と言うよりは星に見えるものもあります。花織の魅力は、可憐な小さな花形の模様と、その配色や模様のかたちが発散する南島らしい織物であるといえます。

読谷山の花織には大きく分けて二つの織り方があり、ひとつは「手花(ディバナ)織」といい「平織りの地に別糸を織り込み刺繍をしたように花の文様を織り出す」方法で比較的自由な柄が作りだします。

もうひとつは「綜絖(ヒャイバナ)花織」と言い綜絖を使って緯糸を浮かせてあることで文様を出す方法です。どちらも花文様は、「銭玉(ジンダマ)」「風車(カジマヤー)」「扇花(オージバナ)」を基本にしています。

「銭玉」はお金に困らずに生活していけるように。「風車」は長寿のお祝い。「扇花」は末広がりで子孫繁栄という意味があります。

用途
着尺地、帯地、各種小物類
変遷

14~15世紀の琉球の大交易時代は、中国や東南アジア諸国との交易が盛んにおこなわれました。それによって、多くの交易品と共に、読谷山花織のルーツとなる絣や浮織の技法も伝来したと言われています。それを元に琉球王府時代には読谷山花織として独自に織られ受け継がれてきました。

しかし、その染織技術は明治時代の中頃から時代の波に押され衰退しつつあり、沖縄戦後は人々の記憶からすっかり忘れ去られ、「幻の花織」となっていました。

約600年の歴史を誇る読谷山花織は、戦争により絶滅寸前となっていましたが、後に人間国宝に指定された与那嶺貞氏など、読谷村の情熱ある有志によって「幻の花織」が復活されました。

技法

読谷花織は、紋織物の一種です。読谷山花織は絹糸や木綿糸で、染料は福木(ふくぎ) 車輪梅(しゃりんばい)、琉球藍などの植物染料を主に用いて糸を染め、模様を表すのには花綜絖(はなそうこう)を用いる「経浮(たてうき)花織」「緯浮(よこうき)花織」と「手(てぃ)花織」があり、それらの技法を用いて織りあげていきます。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP