紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

首里花織(しゅりはなおり)

  • 織
  • 絹
首里花織 仲間留美子氏製作
仲間留美子氏製作


首里花織 新島染織工房(新島盛道氏)
新島染織工房(新島盛道氏)
産地
沖縄県那覇市首里
特徴

首里花織は先染めの紋織物。織地に経糸の一部が緯糸に組合わされずに、経糸と経糸の間に緯糸がはさまれて紋柄を織りだし、両面とも経糸が浮いています。この織は首里ドートン織、ロートン織とも呼ばれ、図柄は経縞を主に、経浮き部分をいろいろ変化させて紋柄部分の糸密度を混みさしに通すなど、変化に富んだものです。

配色は地色に藍染が多く、紋柄部分を2色(経糸1羽毎 紺白交互に配列)の経糸使いや多彩な経糸使いなど色彩豊富で、製織は綜統を4枚以上用いています。

王朝時代は主に男性衣でありましたが、近年はその織の特性を生かして帯や飾布、小物類などもつくられています。

用途
着尺地、帯地
変遷

15世紀初め、琉球は中国や南方貿易東南アジアとの交易の拠点でした。

その交易の中から中国より伝わった浮織の一種である花織の技術が、読谷村長浜港に伝わり、按司(あじ)の座喜味城主、護佐丸によって家内工業化が図られたと言われています。

中でも首里の織物は、約五百年にわたる琉球王府時代の首都・首里を中心とする地域で育まれ、中国や東南アジア諸国等の影響を受けながらも、独自の発達をとげました。

その高度な技術による優れた意匠の織物は、主に貴族・士族用の衣服として着用されたが、その織手は、ほとんどが士族の妻やその娘たちであり、彼女たちの誇りある手仕事の一つでした。

首里の織物は、一つの地域に伝承される染織技法としては、その多様性と洗練度において他に類例を見ない特徴を持つものす。また、歴史上、芸術上価値が高く、かつ、地方的な特色を顕著に示す代表的なものといえます。

技法

首里花織は先染めで萩織物の一種です。技法の種類は両面浮花織、緯浮花織、経浮花織、手花織がありますが、両面浮花織がとくに人気があります。

両面浮花織は、平織組織より誘導された織で、平織の地の一部が経糸と緯糸が組合わずに浮いている形で紋柄を織りだし、片面は緯糸が浮き、裏面は経糸を浮かします。柄は幾何学的な紋柄単位を四角形や菱形に展開し、市松模様などのです。

配色は黄金色、水色、薄緑などの無地、それから赤や黄、藍などの多色配色の格子柄があります。

また、2色のみの配色(経糸が一羽毎に紺白紺白、緯 糸も紺白紺自と交互に配列)を特にヤシラミ花織といいます。製織は紋綜統を使用し、紋柄により紋綜統の枚数が異なります。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP