紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

首里花倉織(しゅりはなくらおり)

  • 織
  • 絹
首里花倉織

首里花倉織 伊藤峯子氏作
伊藤峯子氏作
産地
沖縄県那覇市首里
特徴

沖縄の織物の中でもっとも格式の高い織物で、王家の妃、王女が夏衣、花織と絽織、紗織を、市松または菱形模様に織る紋織の衣です。

一枚の生地に花織、絽織り、平織り、と異なる織の行程があるため、美しい花倉織を織り上げるには非常に高度な技術が必要とされました。

沖縄には紅型、宮古上布、芭蕉布など、様々な染織品がある中でも花倉織は琉球王朝の王族のみ着用が許された特別な織物である。花倉織りは、トンボの羽とか蝉の抜け殻とか表現されることがあります。

「~アン美らさ軽さ織羽ヌグトゥサー~」と、まるでトンボの羽のように透き通り軽くて美しいとも歌われました。

用途
着尺地、帯地
変遷

花倉織は、沖縄本島の首里で生産される織物である。首里は古くから琉球王朝の首都として栄えたところで、中国大陸、日本本土、南方諸国などで多方面にわたって交易をし、外国文化を取り入れる窓口でした。

したがって、織りの技術も中国からは紋織、絽や紗の綟織(もじおり)と呼ばれる、綿撚糸や麻糸の紗織の織物、日本本土からは紬や木綿、南方からは絣や花織などが取り入れられ、沖縄独自のものが生まれました。中でも、花倉織は大変高度な技術を必要とされたため、大変貴重で王族のみしか着用できませんでした。

技法

首里花倉織は先染めの紋織物です。花織(両面浮)と組 織・紗織の技法を併用した織物です。

紹織、紗織は、からみ経糸が地経糸の右と左に位置を転じて組織し、緯糸と緯糸の間にからみ目(すきま)を織り込んだ、からみ(もじり)組織です。

糸使いで生糸の精練を半練りにして使用することが多く、図柄は花織の組織を市松模様などで構成されています。

配色は黄地、水地、紺地などの無地や濃淡が主流です。

また、製織は紋柄部分に紋綜統を紹織の部分にからみ綜統を使用し、柄紋綜雛の枚数が異なります。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP