紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

タッチリ花織(たっちりはなおり)

  • 織
  • 絹
タッチリ花織
産地
沖縄県島尻郡南風原町
特徴

花織は、通常緯(よこ)糸のみで花織絣を表現するが、タッチリ花織は経(たて)糸にも柄合わせをおこなった沖縄県の南風原で織られている花織りである。一見絣の様に見えるのを特徴とする。

「タッチリ」とは断ち切りのことで、経絣糸が断ち切れた様に見えることから云われ、沖縄でも他の産地でも見ない南風原独特の技法で織られた花織である。

実物を見ると、浮織部分が畝の様に凹凸があり紬糸の風合いがあり、手触りがよく、軽くて着やすい。

用途
着尺地、帯地
変遷

絣のように、経緯が一本ずつ交互に織り合わせる織物を平織といい、2本、3本と糸をとばして変化をつけた織物を組織織もしくは紋織といいます。沖縄ではそれを「花織」といい、南風原花織は多様な色彩の花糸を使った立体感のある浮き柄が魅力的で、高い人気があります。

技法

技法は浮織の一種で、素材には主として綿、絹を用いる。紺・茶地が多く、白・赤・黄・緑の緯糸文様に絣を併用、浮柄に立体感があり華やかな味わいがあります。

絣に代表される一般的な平織りでは、経(たて)糸を通す綜絖(そうこう)と呼ばれる器具を2つ使うのが普通であるが、南風原花織では8枚ほど(多いときは10枚)もの綜絖を順番に操作して図柄を浮かび上がらせます。それだけ複雑で職人の腕が問われ、たいへんな手間と時間をかけてつくられる織物です。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP