紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

琉球絣(りゅうきゅうかすり)

  • 絣
  • 絹
  • 木綿
  • 麻
琉球絣

琉球絣
産地
沖縄県島尻郡南風原町
特徴

琉球藍で染めた絣糸で織られた織物は琉球藍特有の深味がある。そして濃い印象の藍の中に、絣文様が煌めくように感じられる。また、絣がリズミカルな調子に感じられるのは、天然の藍の深さ濃さの中に絣が煌めいているかのようである。

球藍は、沖縄、台湾、東南アジアなどの、暖かい地に自生する、キツネノマゴ科に属する半潅木。この木の茎や葉から、泥藍を作って染料にする。琉球藍や薩摩絣を染めるときに用いる。

用途
着尺地、帯地
変遷

沖縄の織物の始まりは、14~15世紀の中国や東南アジアとの交易がきっかけとされています。

琉球はかっては薩摩藩の統治下にあり、絣織物を上納品としていたため「薩摩絣」の名で商品化されていたが、明治維新以降に解放され、琉球絣として広まるようになりました。南方系の絣から生まれた幾何学文様が主体です。

本格的な織物の産地となったのは大正時代です。沖縄独自の伝統の技術・技法が行き渡り、現在に至っています。

現在では「琉球絣」といわれるものは、沖縄県内で産するすべての平織の絣柄を総称して琉球絣ということもありますが、南風原(はえばる)町が「絣の里」として知られています。

技法

琉球藍の原料はキツネノマゴ科の多年草植物。蓼藍(タデアイ)や、インド藍とは違う植物です。

原産地は東南アジア。タイ・インド・台湾などに分布し、 日本では沖縄で栽培されています。

夏と冬に枝葉を刈り取って、泥藍をつくり、絣糸を染めて織物にします。

蓼科の藍とは異なり、山藍とも呼ばれるキツネノマゴ科に属する琉球藍は、藍葉を水に浸し泥状に沈殿させて造られています。

琉球藍はかつて北部を中心に沖縄の各地で生産されていたが、現在の生産者は本部町伊豆味の伊野波盛政氏ただ一人で、国選定保存技術者として文部省より認定されている。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP