紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

ヤシラミー織(やしらみーおり)

  • 織
  • 絹
  • 木綿
ヤシラミー織
産地
沖縄県
特徴

ヤシラミは組織の織物で、一本置きに別々の糸を織ることにより、鑢(やすり)目の様な細かい横縞を組織した模様に見える所からその名が付けられました。

平織りの縞柄の名称です。算くずしの柄で、紺や白、紺やます。

ヤシラミは、複数の経緯の色糸配置を変化させて網代状に織り上げることにより、単彩に見えて実は二配色以上の色が織り込まれているため、無地織以上の織の質感を感じられます。複数の糸を用いることにより、色彩にも奥行きを与えています。

手織紬特有の柔らかさと草木から得られた色の優しさ。そして、ヤシラミで織られた織の表情が、魅力的な紬の着物に織上がります。

一見は単彩に近い色彩の織物のように見えても深みがあり、様々な帯と適わせて、幅広い装いを楽しむことが出来ます。

用途
着尺地、帯地
変遷

琉球王府時代から続く沖縄には、多くの種類の染織品があります。

それらは14~15世紀の交易により、東南アジア、中国、日本の影響を受けながら、沖縄の自然・風土の中で、独自の織物へと育ってきました。

それらは王府の庇護のもとに、王族の衣裳をはじめ琉球舞踊や組踊りにも取り込まれてきました。

中でも『ヤシラミ(やすりの目)』織は、様々な所で着用されてきた歴史のある織物であり、琉球王府では正装として用いられたそうですが、現在ではおしゃれ着として愛用されています。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP