紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

知花花織(ちはなはなおり)

  • 織
  • 絹
  • 木綿
  • 麻
知花花織

知花花織

知花花織
産地
沖縄県沖縄市知花
特徴

沖縄県の旧美里村知花、登川地域などを中心に伝わった織物技術の一つです。

特徴は、布の裏側。経糸が浮柄に沿って糸がでていることです。模様が縦方向に連続して浮く経浮花織(たてうきはなおり)と、刺しゅうのように糸が浮く縫取花織(ぬいとりはなおり)の2種類あります。

多くの花織は横方向に緯糸が浮いて柄がでているものですが、「知花花織」は、縦方向に浮糸が浮いて模様を出す花織です。

用途
着尺地、帯地
変遷

「知花花織」は18世紀にはすでに技術として確立していたと考えられています。

用途は、村の女性たちが着るウスデーク(臼太鼓:旧暦8月15日に行なわれる五穀豊穣を願う女性のお祭り)の衣装。知花弁当馬場でのウマハラシー(馬乗り競走:旧暦8月14日に行なわれる男の祭り)での馬乗用上着や芝居の晴れ着などとしてつくられてきました。

戦争などで100年の間、織物技術の継承や、花織衣装の着用は完全に途絶えていたため、ほとんど現物も残されておらず、「知花花織」技術を知っている人も現存されていないという状況の中、聞き取り調査やわずかに保存されていたものから調べて、「知花花織」は復元されました。

また2000年12月には県内で初めて「知花花織」3件が沖縄市指定文化財に指定。いずれも100年以上前に織られたとされる「馬乗上着」「馬乗袴」「ウッチャキ」の3点で、沖縄市内で確認できる貴重な資料です。このように「知花花織」は地域文化の確立や、独自の染織文化として、およそ1世紀ぶりに新しい息吹が吹き込まれようとしています。

技法

縦方向に浮模様をだすため、経糸は地糸と浮糸をわけて、二重ちぎりで織機にかけられたと考えられます。綜絖(経糸を上げたり下げたりして緯糸との組織をつくる)は、平織を織るための地綜絖と、浮模様をだすための花綜絖(花綜絖は柄の複雑さによって枚数が変わります)でつくられます。

また、素材は木綿が主で、その他に芭蕉・絹・羊毛なども使用されることもあります。花織の伝統的スタイルは、藍(琉球藍)で染められた紺地に絣、もしくはさらに格子柄の組合せ、そして浮模様が入る。模様が浮く糸に、白糸と赤糸を使い、赤の染料にはグール(サルトリイバラ)・スオウなどを使用します。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP