紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

八重山上布(やえやまじょうふ)

  • 織
  • 麻
八重山上布

八重山上布
産地
沖縄県 石垣島
特徴

沖縄の八重山諸島のおもに石垣島で織られる麻織物。

糸には苧麻(ちょま)を使って地機織る茶絣織物であり、「薩摩白上布」「錆布」「赤縞上布」とも呼ばれました。

その特徴は絣糸の染料にある。紅露(クールー)という自然薯(じねんじょ)の根をすりおろして天日に当てて濃縮したものを摺(すり)込み染めして黒みを帯びた赤色を得る。織り上がった布を昔は海水に浸してさらしたが、現在はカルキで白くさらして仕上げます。

用途
着尺地、帯地
変遷

17世紀初めに薩摩により琉球が侵攻され、課せられるようになった人頭税のために織ることを強制されたことが、八重山上布の技術の向上につながったとも言われているが、島の女性達には過酷な労働を強いられました。

明治の終わりには産業として栄えましたが、昭和の大戦で一時途絶えてしまい、戦後は細々と続けられてきました。

現在でも、手績みの麻糸を紅露(ヤマノイモ科)の摺込捺染法で絣柄に染め、独特の高機で織った麻織物です。茶染の白絣、藍染の白絣、紺縞細上布、赤縞上布などがあります。細い糸で織られ、軽いものほど上等とされます。なお、「紺縞細上布(手結絣)、「赤縞上布(摺込絣)が一般に販売されたのは明治19年頃からです。

技法

赤縞上布の摺込は、紅露(クールー)の濃縮染液を竹べらにつけ、糸に摺込で染めます。

織りあがった布は天日で一週間ほど乾燥させます。この間に当初赤茶色だったものが赤褐色に落ち着いてきます。

機は独特の高機で「短機」(たんばた)といわれています。柄があわせやすく、織子の姿勢が楽でしかも高能率な機だといわれています。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP