紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

ミンサー織(みんさーおり)

  • 織
  • 麻
ミンサー織

ミンサー織
産地
沖縄県 石垣島、八重山郡竹富町
特徴

「八重山ミンサー」の素材は木綿です。組織は平織りで、生産地は石垣市と竹富町で織られています。

ミンサーは、狭織(さおり)という幅狭く織られる倭文布(しづはた)で、綿花糸で織ったものは「棉紗」、麻で織れば「麻紗」となるのです。

元々は、藍一色の「ミンサーフ(ウ)」という帯であり、これを愛する男性に贈ったもので、近年まで竹富島にこの帯としてあったものが今日の「八重山ミンサー」の原型とされています。

用途
帯地
変遷

17~18世紀頃の琉球王朝時代に綿の栽培や交易記録があり、木綿発症の地といわれるアフガニスタンから中国を経て伝わり、木綿布(ミンサー)の使用が記されていることから、この頃すでに八重山地方でミンサーが織られていたと考えられています。

また、八重山ミンサーの名前は綿(ミン)のせまい帯(サー)からきたと思われます。

起源は明らかでは有りませんが、このミンサーには、八重山地方に遅くまで残っていた通い婚にまつわる逸話があります。

通い婚が行われていた当時、女性は相手の男性に「いつ世までも(五つ四つの絣文)」との愛情を込めてこの細帯を贈ったといいます。また、細帯にほどこされた二本の縦筋には「道を踏みはずして浮気などすることなく」という意味が、ムカデ模様といわれる帯の両耳についた横段縞には「足繁く通ってほしい」という願いが込められているそうです。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP