紬と絣の伝承館 宇治紬物語

織物を知る

竹富ぐんぼう(たけとみぐんぼう)

  • 織
  • 木綿
  • 麻
竹富ぐんぼう
産地
沖縄県 八重山群島 竹富島
特徴

竹富島、石垣島などを中心に八重山群島だけで生産されている交織の布のことを指します。経糸に木綿、緯糸に苧麻が一般的ですが、木綿と芭蕉を組み合わせたモノもあります。

もともとは商品として生産されたものではなく、八重山群島の人々が普段着として自家用に織ったものです。

特に木綿の経糸に苧麻の緯糸を織り込んだものは、肌触りも良く着心地が良いと言われます。白地に経縞など清々しい織物ですが、ほかに白生地なども織られており、これは紅型の帯地につかわれているほかは、地元の普段着として需要がありました。

用途
着尺地、帯地
変遷

「竹富島方言辞典」によると、「グンボー」と長音にするのは近年になってからで、島のお年寄りは「グンボ」と発音するそうです。

交布(グンボー)の歴史ははっきりしませんが、琉球王府時代に八重山上布が貢納布となり、庶民は着ることが出来なかったため、普段着として織られたと言われています。

交織は豊年祭などの行事と深く結びついており、着物の原点だと言う説もあります。

また、古くから八重山の島々で婦人たちの手内職として織られてきたため、特定出来る産地が無いことが大きな特徴です。

ただ、交布は自家用のため、八重山上布や八重山ミンサーなどと違い、専門に織っている人はいなく、行事のときなどに織物技術を持つ人が注文に応じて作っていました。

交布の着物の丈は短めで、大体、膝とくるぶしの中間ぐらいが目印になったそうです。また、柄も縞や格子のようにシンプルなものがほとんどで、帯は主にミンサーがつかわれているが帯合せがしやすいこともあるようです。

宇治紬物語館ギャラリー

日本全国から集められた貴重な紬・絣織物の数々などを月替わりで展示しております。
実際に「見て」「手に取って」ご覧いただけます。

宇治紬物語館ギャラリー

全国の織物一覧

TOP